よつばと☆ダンボーがゆうパックの段ボールでできちゃった!

こんにちわ☆はのんです♪

はのん家の子供たちも大好きな
あずまきよひこ
「よつばと!」

よつば、という女の子と、
周囲の人達が巻き起こす
ホームコメディなんだけど。

この中に、よつばの家の隣に住む
恵那と、その友達みうらが
夏休みの課題として作った
ダンボール製のロボット、
その名も「ダンボー」
スゴイ人気があるんだよね。

プラモデルになったり、
フィギュアになったり、
プライズ商品になったり、
ファンたちが実物大の着ぐるみを作ったり。

「ダンボー」で検索をかけると、
いろんな画像が出てくるんだよね。

みんな、ダンボーにがある☆

ということで、
なんとあのゆうパックが、
ダンボーを作っちゃったらしいの。

もちろん、ゆうパック柄のダンボー。

首都圏の6つの郵便局と、
日本郵便のWEBサイトでの販売、
ということらしいのね。

しかも、7月18~21日にかけて、
1日郵便局として、
ゆうパックダンボーの着ぐるみ
東京中央郵便局に
やってくるらしい…!

ズルい!これは見たい!!

残念がら、地方在住のはのんは
ちょっと無理っぽいけど…

ダンボーの初登場については、
ぜひ単行本の5巻
チェックしてみてね☆

新クレヨンしんちゃん☆子供に見せたくない番組!?でも人気の番組

こんにちわ☆はのんです♪

最近、はのん家のちびちゃんが
とうとう放送している時間帯
知ってしまった番組…

それが、
「クレヨンしんちゃん」

そう、保護者が子供に見せたくない番組
っていうアンケートで
必ず上位に入っていた、あの「クレしん」

はのんも、もちろん
どちらかと言えば見せたくなかった…

なぜなら、あのマンガは
そもそもが「漫画アクション」での連載で、
子供向けに書かれたものでは
なかったんだよね。

はのんはコミックの最初のうちを
何冊かリアルタイムで読んでいて、
それがアニメ化する、と聞いた時
ウソでしょ?って思ったくらい。

でも、下品な番組って、
それはそれはもう、子供が大好き

ということで、
現在はちびちゃん(小2)
ハマちゃっているところ。

この間も見ていたんだけれど、
そのCMで、
「新クレヨンしんちゃん、3巻発売」
っていうから
ちょっとびっくり。

クレヨンしんちゃんの作者、
臼井儀人は、
実は2009年に不慮の事故で亡くなっていて、
現在の「クレヨンしんちゃん」は
アシスタントだった人たちの手によって
続けられているのだとか。

人気のある作品なだけに、
こういった形での連載に
なっているのだよね。

ということで、
描いている人は変わったけれど、
あまり違和感のない
「新クレヨンしんちゃん」
現在は3巻が最新刊。

こちらもチェックしてみる??

逃げるは恥だが役に立つ☆就職難で求職中の院卒女子と独身会社員の関係

こんにちわ☆はのんです♪

この一週間は、
大雨や台風で大変だったね。

はのん家の周辺も、
大雨で冠水したりして
大騒ぎだったけれど、
大きな被害はなくて一安心。

でも、大雨と台風で
色々被害の出ているところ
たくさんあるみたい。

心からお見舞いと、
一日でも早い復興をお祈りします。

さて。
しばらく少年誌系が続いたので
今回は女性誌から。

Kissに連載されている、

海野つなみ
「逃げるは恥だが役に立つ」

表紙を見るとインパクト大
”就職難”
”契約結婚”
”事実婚”
”永久就職”などなど、
いろんな言葉が踊ってる。

この物語の主人公、森山みくりは
25才、彼氏なし、仕事なし

大学院を卒業したものの、
思ったような職種に就けず
派遣で働いたものの、派遣切り

そんな彼女を見かねた父親が、
自分の元部下が
仕事を頼んでもいい、という話を
持ってくるのね。

その仕事というのが
いわゆる「家事代行」

週に1回、3時間で
掃除や選択をして1回6000円

月に4.5回では生活はしていけないけれど、
実家ぐらしのみくりなら、
なんとか求職中のつなぎににはなる。

そんな感じで始まった、
みくりと、雇い主津崎さんの関係。

それがいつしか快適な関係
なっていったのだけれど、
みくりの実家の事情で
仕事をやめることになっちゃって。

でもこの関係を維持したい。

2人が出した結論が
”契約結婚”

就職としての、結婚、ってこと。

一緒に暮らしていくうちに、
いつしかお互いに好意を持ち…
っていうのはよくある話かもしれないけど
そう簡単に行かないのが
この2人なんだよね。

現在3巻まで。
しかも、二人の関係を怪しんだ
第三者が入ってきて…

ますます見逃せない展開になってる
「逃げ恥」
ぜひチェックしてみてね☆

YAIBA☆「コナン」の青山剛昌が描く冒険活劇

こんにちわ☆はのんです♪

前回まで紹介していた
青山剛昌
「まじっく快斗」

この連載が不定期になり、
なかなか進まなくなった原因…

それが次の連載が始まったこと、
だったんだよね。

ということで、今回は
その作品を紹介☆

「YAIBA」
というのがソレ。

「剣勇伝説YAIBA」のタイトルで、
アニメやゲームにもなったことで
知られているかな?

この作品は、他の青山作品とは違い、
サムライを目指す一人の少年の
冒険活劇、なんだよね。

だいぶ趣の違う作品なの。

舞台は現代。
だけど、ジャングルの中で日々、
サムライを目指して精進する親子が。
それが、主人公の鉄刃(くろがね やいば)
その父、剣十郎。

ある日、食料調達のために
大きな猿を仕留めた、刃。

ところがあるハプニング
たくさんの大猿たちに追われ、
逃げ込んだ箱がなんと
パイナップルの輸出箱

たくさんのパイナップルとともに
日本に運ばれちゃった、刃たち親子。

こんなコメディタッチな導入から、
刃の冒険が始まるわけ。

青山作品には欠かせない、
ヒロインも。

コナンなら毛利蘭
まじっく快斗なら、中森青子

そんなポジションになるのが
刃が居候することになった
道場の娘、峰さやか

ごく普通の中学生だったさやか、
だけど刃たちと共に、
無理矢理冒険の旅に出ることに。

こんな2人と、
ライバルや様々な敵と戦い、
成長していく、っていう物語。

コミックは全24巻
推理モノじゃない青山作品も
たまには面白いよ☆

まじっく快斗☆まじっく快斗とコナンの怪盗キッドの違いって?

こんにちわ☆はのんです♪

前回に引続き、
青山剛昌
「まじっく快斗」

この主人公、快斗が扮する
怪盗キッド

同じ青山作品の
「名探偵コナン」にも
度々登場しているよね。

でも、この2つの作品で
怪盗キッドにはちょっとした違いが。

ということで、今回は
その2つの作品のキッドの違いを
はのんなりに考えてみたよ。

まず、本家本元「まじっく快斗」
この中では、主人公の快斗が
イケメンなんだけど、ちょっとチャラくて
どちらかというと三枚目

マジック、といっては
学校の教室から抜けだしてみたり、
女の子のスカートめくりをしてみたり。

だけど怪盗キッドになった時には
マジメ(?)に仕事する、という感じ。

一方、「名探偵コナン」
こちらの快斗は、キザな二枚目
どちらかと言うと、三枚目のキャラより
クールな怪盗キッドのイメージのほうが
強い感じ。

もともと、本家の方では
コミカルな世界観で、
非現実的なトリックを使ってみたり、
魔法が存在したりしているの。

コナンはリアルな現実世界
という感じだから、
このあたりとの差もあるのかもね。

「名探偵コナン」に出てくるたび、
怪盗キッドの話の続きが読みたい!と
思っちゃう。

早く5巻が出ないかな~、と
心待ちにしているよ☆